生き急いでても怠惰

小心者 主に屋内での文化活動 気付いたら介護の事 時々屋外での体育活動

月曜のお楽しみ《短歌》

ども。
mayです。

心に余裕がなくバタバタしていても、
短歌を読む時はその世界に入り込みたくて集中できる。

それから小さく心に引っ掛っている事が詠まれていると胸がギュっとなる。楽しい事ではなくても嬉しくなる。


そして、「いちばん好き」と思った作品を。

パンケーキを裏返すようにワーグナーのレコードを裏返してまた聴く                             九螺ささら
8/15 朝日新聞 朝日歌壇

まず、懐旧の念。

九螺ささらさんの短歌の良さは、胸がざわざわするところ。この感覚が堪らなく好き。

何故ワーグナーを選んだのかなー。
すてきだなー。

では、ご機嫌よう。