読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き急いでても怠惰

小心者 主に屋内での文化活動 気付いたら介護の事 時々屋外での体育活動

本を読ませる罠

ども。
mayです。

観てみた。

超高速! 参勤交代 [DVD]

超高速! 参勤交代 [DVD]


昨日読み終わった小説の解説から引用。
本小説は映画の原作ではなく、映画のノベライズでもない。
んな訳で、
「原作の方が良かったな。」とか、
「映画には敵わない。」とか比べずにただただ受け入れて楽しむ事を知るこの歳でな。

映画になったきっかけは、
土橋章宏さんの「超高速!参勤交代」が新人脚本家を発掘する為に制定された城戸賞入選となり、松竹のプロデューサーさんが映画化を申し込まれたのだそう。

テンポ良く、中だるみする事もない。

素晴らしいのは配役。
蔵之介さんは線が細いような気もするが、美しいから良し。
他の皆さまも100点の配役じゃ。

子どもの頃は、
「演じるって嘘じゃん・・・虚しいし寂しいじゃん」って思っていた馬鹿な子だった。・・・大きい声では言えぬが、今でも「SF映画は嘘じゃん・・・」って思っている馬鹿な大人なのだが、最近は俳優さんたちを尊敬しているし、引き寄せられる演技に出会える瞬間があるのが嬉しい。

お国言葉も良かったな。
本当に良かったな。
これは小説では味わえない。

小説完読→読書感想文下書きだん→一緒にDVD鑑賞の次男中3は、
「リターンズも読もうかな。」
と嬉しい事を言ってくれたので、買っちまったぜィ。

母は手を替え品を替え、
本嫌いを本が好きでも嫌いでもない感じにするので待っていろ、次男!

では、ご機嫌よう。