生き急いでても怠惰

小心者 主に屋内での文化活動 気付いたら介護の事 時々屋外での体育活動

読書は糧

ども。
mayです。

読んでみた。


この本を作るのに何冊読み込んだのだろうか。
もしも完璧にデータベース化されていて、余裕の選び出し作業だったとしても、困難であったのだろうと妄想し続けたい。有難がりたいからー。

大正・昭和初期生まれの方から自分よりお若い方々のエッセイに時代を感じられる事、
超絶身近な食べ物の話なので、ほわ〜っと肩の力を抜いて読める事、
気になっていた作家さんの面白さに触れ、「作品も読んでみよう」と思わされた事など良い心持ちでの読書だった。

このシリーズ、現在は第9弾まで発売されている。


↑↑↑
・・・かっこいいリンクの貼り方がわかんなくてヤダけど、朝ごはんを作りに行くのでこれにてドロン。

では、ご機嫌よう。