生き急いでても怠惰

小心者 主に屋内での文化活動 気付いたら介護の事 時々屋外での体育活動

読書は糧

ども。
mayです。

本日はこちら。



〜ふいに思い知る、すぐそこにあることに。 時に静かに、時に声高に――「死」を巡って炙り出される人間の“ほんとう"。 直木賞作家が描く傑作小説集〜
Amazon 内容紹介より引用)

10の短編集。
柴田錬三郎賞受賞。

どの作品も「ちょっと突発的」っていうのが感想。

だけど、「母のこと」は別格。

なんて言うの?
「瑞々しい」とか「輪郭が濃い」とか「流れ込む筆致」とかをひっくるめた大人の何かすてきな言い方はないのかのぅ?

荒野さまのお母さまのことなのかもしれないな・・・と思いながらの読書。

あたしの目指す人生の仕舞い方だった。



そしてやっぱり食べ物に関わる描写が好き。

では、ご機嫌よう。