読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き急いでても怠惰

小心者 主に屋内での文化活動 気付いたら介護の事 時々屋外での体育活動

ジャック・リーチャーに備えて

ども。

mayです。

 

ただ強い男が出て来るだけの映画がわりと好きみたい。

 

リーアム・ニーソンとかジェイソン・ステイサムが主演の映画など。

 

そんなオレは『ジャック・リーチャー』が気になる子ちゃん

んな訳で『アウトロー』を借りて来た。

 

アウトロー (字幕版)

アウトロー (字幕版)

 

 

残念だったのは、

犯人の動機が弱い所と、犯人サイドの繋がりを略し過ぎていた所。

感じ取れなかったオレのセンスの低さもあるのだろうが。

 

それから、トム・クルーズはスタントを使わないと聞くので、

「えっ?! これもスタント無し?もうやめてよー、心臓に悪いから〜。」

と気になって仕方がないので、むしろスタント有りで撮影頂きたい。

 

でも、

「面白かった!」

ってお勧めできる映画。

 

トム・クルーズの主役感は、

「この人は俳優になる為に生まれて来たのだろう」と思わせるものだし、

ロザムンド・パイクの自分を消しちゃう感も、

「なんの不安もなく浸れる巧みさ」

で超絶安心して鑑賞できる。顔も好き。

 

そして、ラストに痺れる。

声が出ちゃうくらいだった、

「く〜〜っ!」

って。

 

ストーリーはそんなになくてもいいから、とにかく強い男が有象無象をやっつける映画が好きなお人は楽しめると思うです。

 

では、ご機嫌よう。